55歳以上の方の為のO脚整体

和歌山市で55歳以上のO脚で膝が気になる方へ


O脚の施術を受けてから膝の調子がよくなりました。 和歌山市56歳女性


施術3回
※個人差があり効果を保障するものではありません。


こんな経験はありませんか?

  • 膝が痛くてネットで調べたら自分の脚がO脚だった
  • 膝が痛くて外科で診てもらったらO脚と言われた
  • O脚で膝の内側が痛くて歩くのがつらい
  • たくさん歩くと左膝が痛くなった
  • 右足の膝の裏側からポキポキと音が鳴って痛い
  • O脚は年だから直らないとあきらめていた
  • O脚を直してほしいので外科にいったけど診てくれなかった
  •   

 55歳を過ぎてから膝が気になりだした。
 もしも、そうならあなたの脚がO脚になっているか確認してください。
 
 
 実は、膝で悩んでいる人の大半の人はO脚になっています。
 しかも、先天的なO脚というよりも後天的にO脚になった人に多いです。
 現場でもよくこんなことを聞きます。
 
 「膝が痛くなったのですが最近O脚になってきた。」
 
 「整形外科に行ったら変形性膝関節症でO脚になっていると言われた。」
  

 今まで自覚していなかったのに、膝が痛くなってからO脚を気にし始めた。

 年だからO脚は直らないのでしょ?

 現場でもこんなことをよく聞きます。
 でも、実際は意外とO脚がましになっているケースが多いです。それは後天的にO脚になってきて膝に負担がかかっているからです。
一般的にも60歳前後から足のアーチが大きく崩れてきて、その状態で歩いたり運動することで脚が傾いたりねじれがきつくなってきたりします。
また、加齢とともにお尻の筋肉やうち太ももなどが弱くなってきたりもします。

このように、はっきりとした原因が明確であるのなら、意外と解決するものです。
実勢に現場でも60代以上でO脚がましになったという人が多いです。
そして、同時に膝の調子が良いと言います。


施術3回 60代女性


施術前後 80歳女性


なぜ、少ない施術回数で膝の負担を減らせるのか?

 現場でもこんなことをよく聞きます。
「膝を痛めてから何ヶ月も場合によっては半年以上も他の所に通っていました。」

これは、日常生活で歩いたり、階段の上り下りをしたりする時に毎回毎回膝への負担がかかるからでしょう。
1日に3000歩とすれば、1ヶ月で9万歩、3ヶ月で27万歩を脚を使っていることになります。そして膝への衝撃やねじれが加わる歩き方をしていれば膝の負担が大きいのは言うまでもありません。

それでは、1歩1歩の膝負担を減らしてあげればよいのです。

それには、足関節の歪みを正す
       膝関節のズレを正す
       膝へ負担のかかる歩き方を修正する
       足関節の不安定さを改善していく
       体重の重い人は減量する(笑い)

O脚の施術で膝関節のズレや足関節の歪みを正すと自ずと膝への負荷が少なくなります。これだけでもしばらくは快適にすごせるでしょう。
ところが、車で行動する人が東京に出張に行き1日に1万歩以上歩いてから膝が痛くなりだす人がいます。

それは、膝へ負担のかかる歩き方を自ずとしているからです。
ですから、歩き方も修正していきます。


また、足の怪我や捻挫の後遺症などで足関節が不安定になっている人もいます。
このような人は歩くときに横揺れしますのでそれだけで膝関節がずれようとします。

これを解決するには足関節を補正すると足が安定します。
実際に、施術後これを履いていて次回お越しになられた時に膝が調子良いという方が多いです。


ここまでするとどれだけ施術費用を減らすことができるのか?

仮に1週間に2回3000円としますと、1ヶ月で24000円、3ヶ月で72000円になります。

それを2週間に1回3000円としますと、1ヵ月で6000円、2ヶ月で12000円。
足関節を補正するオリジナルの足首サポーターが2400円とすれば、合計14400円ですみます。
※1ヵ月で済む人ほか個人差があります。



コース内容
 
 30分 3000円(税込)
 60分 5800円(税込)

足関節矯正サポーター1足2400円(税込)


※施術回数は個人差がありますので回数券はございません。






筋肉の張りがきつい40代後半男性のO脚

2010年7月15日 2012年3月18日

2010年7月15日
大阪市からお越しの木村様(男性40代)のO脚矯正施術後の感想です。

整体だけでなく、自分でO脚を直す体操は理にかなっていて良い。

コメント

40代の男性でけっこう筋肉が張っていましたが、

意外と簡単にO脚リセットできました。

ただ体操の後に撮影した写真は、すこしかかとが開いていますので開始前とすこし条件が違います。

それでも膝から下の隙間が狭くなりました。

課題はくるぶしの骨が内側によっているのが残っていることです。

2012年3月18日
体メンテナンスを目的に大阪から整体を受けに来られました。

こちらの男性ははじめてお越しになられた時はO脚でしたが、
今回、施術を受ける前にはすでに両脚が揃うようになっていました。 

木村さんいわく、「1週間に2回くらいのペースで続けていたら、両脚が揃うようになってきました。O脚が良くなって腰痛が減ったし、体が安定した感じがします。」


コメント
こちらの男性の方はこの間、通院していたわけでなく
この間、2、3回しか施術に来ていません。

いつの間にか両脚が揃っているのを見て写真を撮らして頂きました。

※個人差があり、効果を保障するものではありません。


整骨院の先生向けO脚矯正施術の指導を
行っている風景




お電話や現場での無料相談

膝を触ってもらうのは怖い
施術を受けるかどうか迷っている
方は無料相談を承っております。
実際にご自分の膝や足がどうなっているのか?
大丈夫なのか?
実感してから受けられるほうが安心かと思われます。


心配な方はます、無料相談を受けてきてください。

そして納得したら受けてください。



八木整体(花山温泉内整体道場)090−8482-4600  

このページのTOPへ

無料メルマガ登録
新着情報
お問い合わせ
足関節矯正サポーター
足首まもるくんの2017年8月25日以降のメディア掲載




卓球王国2017年9月21日発売号プレゼントコーナーに記事掲載


和歌山の地元誌agasus
2017年9月25日号に記事掲載


和歌山リビング新聞社


健康(主婦の友インフォス)



わかさ(わかさ出版)


壮快(マキノ出版)


夢21(わかさ出版)


2018年3月16日発売
からだにいいこと









分でO脚を直す指導での
改善例の一部