整体と坐骨神経痛 

整体と坐骨神経痛


 「お尻から足先にかけてしびれてたまらない!」

 「車の運転をしていると、お尻から太ももにかけて痛だるい!」

 「腰がうずくほど痛い!」
 
 坐骨から太もも、もしくは、脚にかけてしびれているとつらいですよね。

 ■坐骨神経痛とは?
  
  坐骨神経痛とはお尻から足、(太ももの後ろ、ふくらはぎ、足先)にかけて、
  しびれや痛みがある状態をいいます。


坐骨神経は太くて長い神経です。

この坐骨神経は、

腰椎4番、5番横と

仙骨横から閉鎖溝を通り、

足先にかけて走行しています。




  その通り道のどこかの部分が圧迫されていると、痛みやしびれを感じます。



ちょうど、お尻から足先にかけて、

通っている坐骨神経のどこかを、

つまんでいるようなものです。

つまり、坐骨神経の通り道のどこかが

塞がっていると思って頂いたら、

わかりやすいでしょう。



  塞がっている部分が神経圧迫されているわけです。
  
  つまり、

  お尻から足先にかけて、坐骨神経のどこか塞がっている部分を開放することによって、
  変わります。

  当和歌山の整体院では、
  骨盤の前後、左右の歪み、
  骨盤周辺の左右前後の筋肉のバランスを改善していきます。

  当整体院の施術を受けられて、

大阪府 泉南市
相馬さん
団体役員
男性

50代
坐骨神経痛
定期的に施術を受けているので、効果があるように思います。
Nさん
男性
自営業
60代
坐骨神経痛

「車を運転していると、左側のお尻がすぐにだるくなり、

足先までしびれがあったのですが、わからなくなりました。」


  


  ご自宅では、骨盤を安定させる筋トレも行なって頂きます。
  
  坐骨神経痛になりやすい人は、仙骨が歪みやすくなっていますので、

  仙骨がゆがみにくいように安定させることも大切です。

  バランスボールを使ったエクササイズ
  
  バランスボールの上に座り、次のような運動を行なっていきます。
 


1)お尻を前後に動かします。

2)今度は、お尻を左右に動かします。

  もしも、仙骨が右側に寄っている場合は、

  左に動かすのがきつく感じるかと思われます。


  そこで、動かしにくい方向に

  重点に動かしていきます。
  
3) 更に、お尻で円を描くように回していきます。

  左回し、右回しを両方行い、

  回しにくい方を重点に行っていきます。

  

   

梨状筋ストレッチの動画もご覧頂けます。







このページのTOPへ

無料メルマガ登録
新着情報
お問い合わせ

2011年11月2日 
和歌山放送『むつろうの午後は
なるほどっ』のラジオ番組に出演。