スキーで痛めた腰痛について 和歌山市腰痛(ぎっくり腰)整体

先日、スキーで腰を痛めた方が整体にお越しになられました。
前に屈むと腰が痛むということで歩く動作もぎこちない。
骨盤は右側が上に傾いて左側の背中の筋肉がキツくロックされた状態でした。
いわゆる、ギックリ腰という症状です。
スキー場の傾斜面で足元のバランスを崩した時に反射的に腰の筋肉で踏ん張った時にロックがかかってしまったのです。

骨盤が傾いた状態では左右足の荷重バランスがどちらかに偏ります。
立っているだけでも特定の筋肉に負担がかかります。ゲレンデでは足元が不安定な上、傾斜面での上体のバランスを取る際に腰を痛めたわけです。

今回はとにかく身動きできるようにということを優先に施術をさせて頂きました。
カラダが自由に動くということで笑顔で帰って行かれました。

再発を防ぐには?
急性腰痛は必ず前兆があります。
特定の筋肉が硬直してロックがかかりそうになっています。
この筋肉を事前にケアしとけばまぬがれることが多いです。
このケア方法についてはご来院された時にお教えさせて頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です