和歌山市腰痛(ぎっくり腰)整体 ニュースレター2019年5月号

令和元年おめでとうございます。
新年を迎えたような謹んだ気分ではありますが皆様にとって幸先の良い年となりますように。
5月といえばゴールデンウイーク。今年は一〇連休の方もいらっしゃるかと思います。
海外旅行や国内旅行の予約が取れないということで日帰りでも楽しめるところがありますので満喫できましたらいいですね。

和歌山マリーナシティでは音楽にあわせた打ち上げ花火、有田川では鮎釣りなど楽しんで頂けます。

さて、ゴールデンウイークが明けますと、テンションが下がったり、気分がさえないということで
うつ気味になる方もいらっしゃるかと思います。
そこで、今回はうつや不眠で悩んでおられる方のセルフケア方法をお伝えさせて頂きます。

最近のできごと

私は月に2回整体の先生方々の勉強会を主催しています。ある整体の先生が集客で困っていましたので、得意分野の長所を生かした「不眠整体」にすればという提案をしました。不眠をはじめ寝つきが悪くて困っている人は世の中に多くいらっしゃいます。「その悩みを独自の方法で解決していくには?」

いろいろ考えを巡らしますと自律神経に働きかける施術だけでなく「不眠解決に役立つアイテム」が浮かびました。親身になって考えてくいと「枕」が重要であることに気づき今までにない「オリジナル枕」を試作してみました。(思いついたらすぐに形にしたくなるのが私の性分)自分が使っていた低反発枕の素材であるウレタンの中身を削って立体的な形にしました。 下記の機能を織り込みました。

1)仰向けで顔と地面を水平化して気道が通りやすく

2)後頭部と頚椎1番の間が少し伸ばされることで自律神経の通りが良くなる

3)両肩が下がり胸が少し開くことで深い呼吸がしやすくなる

私もこの1ヶ月半、花粉症で寝る時の呼吸が浅かったので試してみたところいつもよりも少ない睡眠時間で翌日快適に目覚めこんなに睡眠が大事なんだと改めて実感しました。

自分でできる自律神経の活性方法

肩こりや首のこり、頭痛、不眠などは自律神経の乱れから生じていることが多い。

活性化のポイントは頚椎1番と後頭部の詰まりの解放です。この部分は自律神経が集中しているので不良姿勢やストレスなどで後頭下筋群が硬直するといろんな不調を招きます。

自分で行う場合は下記の通りです。

後頭部のくぼみを親指の腹で押さえます。そのまま頭方に圧をかけていきます。3分位が目安。

きくらげダイエット」の結果報告

先月ご紹介させて頂きました「きくらげダイエット」の結果をご紹介します。

3月24日から始めて1カ月経過。

体重79キロ→77キロ

お腹周り96.5㎝→92.9㎝

筋トレだけで体重は落ちなかったのでまずまず。食事量が減らせない人にオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です