慢性腰痛の大半の人は骨盤が傾いている

慢性腰痛で悩んでいる方へ

慢性腰痛の大半の人は左右の骨盤のどちらかが上に傾いています。傾いていると良くないのは骨盤上の腰椎が湾曲します。 湾曲すると腰椎の前後の可動域が狭くなります。

この状態で過ごすと腰への負担が多くかかります。問題なのは本人が骨盤の高低差にあまり自覚していなということです。痛いところやつらい箇所が気になる為に。

また、骨盤の左右高低差が目立つ人のほとんどは左右足の重心が偏っています。

しかし、左右足の重心バランスを均等化した状態で過ごすと体は自然に良くなっていきます。

当整体道場では施術で骨盤のゆがみを正すだけでなく、左右足の重心バランスを均等化

するケアも行っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です