膝痛で困っているなら足首をチェックしてみては?

加齢と共に気になる膝痛。
膝痛と言えば「膝サポーター」で膝を守るというイメージがあるかと思いますが、
実は足首が原因で膝を痛めていることが多いです。

足首が捻挫しやすい人は歩く時に外くるぶしが外側に向きやすく、腓骨という骨が外側にずれようとします。
腓骨が外側にずれることで膝に負担がかかって痛くなることがあります。
また、足関節の動く範囲が狭いとそれの代償として膝関節に大きな負担がかかってきます。
さらには、足のアーチが少なくなっていると、歩く時に地面から受ける衝撃が分散されずに膝関節に伝わってきます。
このことから、いかに足首が大事かということがわかります。

膝を痛める要因は、「荷重」と「衝撃」と「ねじれ」ですが、「衝撃」と「ねじれ」は足のアーチの修復と足の変形の
補正で少なくすることを期待できます。

膝の「衝撃」と「ねじれ」が少なくなるとずいぶんと膝への負担も少なくなっていることでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です