バレーボールでの腰痛対策 和歌山市腰痛整体

先日、バレーボールの部活中に腰を痛めた学生の方が施術を受けに来られました。
腰からお尻にかけて突っ張っていて身動きとるのがとても億劫な様子でした。

姿見の前に立って全身をチェックしていただきますと、明らかに右の骨盤が上方に傾いていました。
股関節の動く範囲が狭く特に右側に問題がありました。

骨盤がどちらか傾くと、その上の背骨が彎曲します。この状態でものを担いだり運動を繰り返すと周辺の特定筋肉が傷みます。


また、足の形も横アーチが少ない形になっていました。

股関節→仙腸関節(骨盤と仙骨をつなぐ関節)→腰骨とつながっていますので、股関節に不具合が生じると腰にも影響します。
ですのでこの周辺筋肉からアプローチし、施術後は自由に動けるようになっていました。

バレーボールやバスケットボールは前後左右の動きだけでなくジャンプの動作も多いです。
その為にジャンプして着地する時にも腰への衝撃を受けます。

この時に衝撃吸収をするのが、足の横アーチ、股関節、仙腸関節、背骨です。

足の横アーチが少ないと着地時の衝撃が増えます。
股関節、仙腸関節の可動域が狭いと同様に着地時の衝撃が増えます。

理想的な状態とは、

1)足の横アーチがあることで地面から受ける衝撃を吸収

2)股関節の可動域が広いので地面から受ける衝撃を吸収

3)仙腸関節の可動域があるので腰への衝撃吸収緩和

といった流れになります。

ということでご自宅では足のアーチを作るエクササイズを行ってもらうようにしました。

足の横ーアーチを補正しながら足の第3関節のグーパー運動を行うと横アーチが再生されやすいです。

個人差はありますが。 こちらは以前に足のアーチを回復するコンテストを行った時の画像です。

3ヶ月くらい継続すると体全体のバランスも良くなります。

 

腰のツッパリがおさまっていましたので足首まもるくんアキレス腱サポート付を履いて体幹テストとジャンプテストをして頂きました。

着用時は私が全体重をかけて押してみるのですがびくともしませんでした。
そして壁際で垂直跳びを行い、約5cm高く跳べたのに驚いていました。

腰痛の方を検査しますと、ほぼ全員と言っていいほど骨盤の左右どちらかが上方に傾いている。
そして、施術や補正で骨盤の傾きを水平化しこの状態をキープして過ごすと腰の負担が減ったと
次回、来院された時におっしゃいます。

ですので、腰痛持ちで悩んでおられる方は姿見で骨盤が左右どちらかに傾いていないかを確認してみてください。

そして、骨盤水平化をキープして過ごしてみてください。
きっと、腰の負担が少なくなったと喜んで頂けることでしょう。

当整体院では労力をかけずに手軽にこの状態を持続できるお手伝いをさせて頂いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です